ヒトの法律・しくみをわかりやすく つかいやすく


名古屋社会保険労務士事務所トップ >  資料  >  お知らせ・新着情報  > 名古屋社労士事務所ニュース vol.410

資料

お知らせ

名古屋社労士事務所ニュース vol.410

━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人事労務ニュース[社会]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 労使関係良好は企業の片思い? 認識に差 厚労省調査
──────────────────────────────────
 大半の企業は「うちの労使関係はいい」と考えるが、働く人は必ずしもそ
う思わない―。こんな傾向が厚生労働省の調査で浮かんだ。労使関係を「安
定的」と認識する企業は86.9%に達したが「良好」とする労働者は55.1%に
とどまった。厚労省の担当者は「企業は労使関係全体を見ているが、労働者
は個人の不満が解消されたかどうかで判断する傾向があるためではないか」
と話している。昨年7月、全国の約3200事業所とそこで働く約3500人の回答を
集計した。


■ 65歳までの雇用 企業の72.5%に 厚労省調査
──────────────────────────────────
 厚生労働省が21日発表した高年齢者の雇用状況(6月1日時点)によると、
希望する全員が65歳まで働ける企業の割合は72.5%で、前年より1.5ポイント
上昇した。企業の規模別にみると、中小企業は74.8%で、大企業の52.7%を
上回った。同省は65歳までの継続雇用に条件を設けている企業の割合が大企
業で高いとみている。調査は社員31人以上の約15万社が回答した。このほか、
過去1年間で定年に達した35万785人のうち、継続して雇用されたのは28万
7938人で全体の82.1%を占めた。


■ 介護休業給付引き上げへ 賃金の67%で調整 「離職ゼロ」目指す
──────────────────────────────────
 政府は22日、家族の介護のために仕事を休む介護休業制度で、賃金の40%
となっている休業中の給付金を引き上げる検討に入った。先行して引き上げ
た育児休業と同じ賃金の67%とする案を軸に調整する。労使が参加する厚生
労働省の労働政策審議会の部会で詳細を詰め、来年の通常国会で法改正を目
指す。


■ 労働紛争 解決金に基準 水準上げへ厚労省導入検討
──────────────────────────────────
 厚労省は解雇や職場でのいじめなど労働紛争の解決ルールを整備する。労
使が第三者を交えて話し合いで解決する「あっせん」に解決金の指針を導入
することを検討する。解決金は15.6万円(中央値)と少なく指針を示して引
き上げを促す。全国の地方裁判所で開いている労働審判の開催場所も増やす。
 厚労省は10月下旬に労使の代表者らで構成する検討会を創設する。裁判所
を所管する法務省も参加する。検討会で報告書をまとめた後に労働政策審議
会で議論し、制度変更に着手する。検討会では解雇やいじめなどの紛争の事
例を類型化し、それぞれについてあっせんの解決金の目安を示すことを検討
する。解決金が高い労働審判や民事裁判上の和解事例も含めることで、あっ
せんの相場を引き上げたい考えだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人事労務ニュース[個別]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 原発事故後の被ばく 労災初認定 福島第1元作業員
──────────────────────────────────
 東京電力福島第1原発の事故対応に従事した後、白血病を発症した元作業員
の40代男性について、富岡労働基準監督署(いわき市)は20日、「被ばくと
疾病の因果関係が否定できない」として労災と認定した。福島第1の事故後の
作業で、白血病を含むがんが労災認定されたのは初めて。福島第1原発の事故
前には、各地の原発で勤務した作業員13人が白血病を含む「がん」で労災認
定されている。福島第1の事故対応では8件の申請があり、うち3件の不支給が
決定。取り下げられた1件を除く4件が調査中だった。 


■ 「セクハラ、パワハラあったが...」 退職金300万円支給命令
──────────────────────────────────
 事実無根のセクハラを理由に退職金が支給されなかったとして、宮崎大 
元准教授の40代男性が退職金など計約900万円を求めた訴訟の控訴審判決で、
福岡高裁宮崎支部は21日、請求を棄却した一審宮崎地裁判決を変更し、大学
側に約300万円の支払いを命じた。
 大学は平成24年、研究室に所属していた女子学生の半裸写真を野外で撮影、
卒業論文に掲載させていたなどとして懲戒解雇相当と判断し退職金を支給し
なかった。男性は「服を着たり布を巻いたりして撮影していた」として提訴
していた。判決理由で佐藤明裁判長は、半裸の女子学生を撮影した証拠はな
いと認定。女子学生の胸を話題にするなどのセクハラやパワハラはあったと
したが「それだけで解雇相当とは言えない」とした。


■ ベトナム人女性に残業させる 1か月161時間
──────────────────────────────────
 名古屋北労働基準監督署は23日、労働基準法違反(時間外労働、割増賃金
不払い)の疑いで、名古屋市西区のプラスチック加工販売会社と同社の男性
社長(52)を名古屋地検に書類送検した。この会社は今年1月16日?5月15日、
同市守山区にある工場で、ベトナム人技能実習生の女性4人を、労使協定で定
めた時間外労働の上限(1日4時間、1か月40時間)を超えて働かせ、所定の割
増賃金を支払わなかった疑い。時間外労働は最長で1日10時間30分、1か月
161時間30分に上り、総額61万6487円の割増賃金が不払いになっていたという。

【名古屋社会保険労務士事務所】