ヒトの法律・しくみをわかりやすく つかいやすく


名古屋社会保険労務士事務所トップ >  資料  >  お知らせ・新着情報  > 名古屋社労士事務所ニュース vol.490

資料

お知らせ

名古屋社労士事務所ニュース vol.490

━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人事労務ニュース[社会]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 厚生年金 企業の加入逃れ防止 国税庁から毎月納税情報
──────────────────────────────────
 厚生労働省と日本年金機構は、厚生年金の加入逃れを防ぐ対策を強化する。
今秋をめどに国税庁から毎月、源泉徴収している企業のデータを提供しても
らう取り組みを開始する。提出頻度を現在の年2回から大幅に増やすほか、事
業許可の申請で自治体などを訪れた企業に対し、加入の有無を確認する業種
も広げる。


■ 「同一労働同一賃金」で報告書 厚労省 秋にも法案提出
──────────────────────────────────
 厚生労働省の労働政策審議会の部会は9日、正社員と非正規社員の不合理な
格差を無くす「同一労働同一賃金」に関する報告書をまとめた。派遣労働者
の待遇を決める手法として、同じ仕事をする派遣先企業の社員の待遇と合わ
せるか、派遣会社が労使協定で決めた水準にするかの選択制が適当とした。
政府は秋の臨時国会に関連法案を提出し、2019年度の制度導入をめざす。派
遣労働者が派遣先が変わるたびに賃金水準が変わるのを防ぐ。
 派遣会社の労使が協定を結べば、派遣先以外の水準を選べるようにする。
この水準は同種の業務に就く一般労働者の賃金水準と同等以上と定める。派
遣先に対し、社員の待遇に関する情報を派遣会社に提供する義務を課す。情
報提供がない場合は派遣契約を結べないようにする。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人事労務ニュース[個別]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 佐川 週休3日ドライバー導入 賃金は週休2日と同水準
──────────────────────────────────
 宅配便大手の佐川急便が、ドライバーの一部に週休3日制を導入した。最大
手のヤマト運輸でも導入を検討中だ。両社ともドライバーは週休2日制が基本
だったが、休みを増やして多様な働き方を可能にし、人手の確保につなげる
考え。労働基準法に基づく「変形労働時間制」を適用し、1日当たりの労働時
間を2時間延長して平均10時間にし、賃金を週休2日の場合と同水準にした。
週3日の休日に副業をすることも認めている。対象を今後、契約社員も含めた
全国の約3万人のドライバーに広げることも検討中だ。


【名古屋社会保険労務士事務所】