ヒトの法律・しくみをわかりやすく つかいやすく


名古屋社会保険労務士事務所トップ >  資料  >  お知らせ・新着情報  > 名古屋社労士事務所ニュース vol.523

資料

お知らせ

名古屋社労士事務所ニュース vol.523

━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人事労務ニュース[社会]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 企業の子育て拠出金の負担増 待機児童対策で関連法案決定
──────────────────────────────────
 政府は6日、保育所に入りたくても入れない待機児童への対策を盛り込ん
だ子ども・子育て支援法の改正案を閣議決定した。企業が負担している「事
業主拠出金」の負担上限の引き上げが柱だ。4月1日の施行に向け今国会での
成立を目指す。企業が子育て目的のために社会保険料に上乗せして負担する
事業主拠出金の負担率は従来0.25%が上限だった。改正案では上限を0.45%
に引き上げ、企業が主体となって設ける企業主導型保育所や0〜2歳児の認可
保育所の運営費に充てる。負担率は段階的に引き上げ、18年度の負担は0.29%
とする。18年度は追加で約1000億円を確保できる見通しだ。


■ 働き方改革 中小は1年猶予 厚労省が自民に修正案
──────────────────────────────────
 厚生労働省は7日、働き方改革関連法案の柱である残業時間の上限規制と同
一労働同一賃金について、中小企業は当初の予定から適用をいずれも1年間遅
らせる修正案を自民党に示した。上限規制は20年度、同一賃金は21年度から
実施する。大企業も同一賃金は1年遅らせて20年度にする。企業が対応するた
めには十分な準備期間を設ける必要があると判断した。
 同日開かれた自民党の会議に提出した。法案に含まれる中小企業の残業代
の割増賃金率の引き上げも23年4月に1年遅らせる。大企業の残業時間の上限
規制と、働いた時間でなく成果で評価する「脱時間給制度」は当初通り19年
4月とする。


■ 残業60時間以上 健康リスク高くても幸福度は上昇
──────────────────────────────────
 人材サービスのパーソル総合研究所と中原淳東京大准教授が共同で行った
残業実態調査で、残業時間が60時間を超えると健康リスクは高まるのに幸福
度は上昇することが分かった。幸福度は残業時間が長くなると少しずつ下が
るが、60時間を超えると跳ね上がる。会社への満足度や仕事への意欲も同様
に60時間を超えると上がったという。調査は昨年10月、社員10人以上の企業
に勤める管理職1000人と従業員5000人の計6000人を対象にインターネットで
アンケートを行った。8日に両者が共同で記者会見し、結果を発表した。
 幸福度は五つの質問を7段階で評価してもらい35ポイント満点で測った。幸
福度が最も高かったのは、残業1〜10時間未満で18.58ポイント、最低は残業
45〜60時間未満で16.98ポイント。残業60時間以上では17.54ポイントだった。
会社への満足度や仕事への意欲も残業45〜60時間未満で最も低かったが60時
間以上では一転上昇した。
 一方、幸福度や満足度は高いのに、就業継続意欲は低くなるという矛盾し
た結果も出た。残業60時間以上で「この会社にずっと勤めていたい」と回答
したのは28.8%で、60時間未満の層よりも5ポイント低い。「働くこと自体を
そろそろ辞めようと思う」という回答も18.6%に上った。


━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人事労務ニュース[個別]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 帰宅中事故 過労が原因 会社側認め 遺族と和解
──────────────────────────────────
 商業施設への植物の飾り付けなどを手がける「グリーンディスプレイ」に
勤務していた渡辺航太さん(24)が帰宅途中に自損事故で亡くなったのは過
重労働が原因だとして、両親が同社に計約1億円の損害賠償を求めた訴訟は
8日、横浜地裁川崎支部(橋本英史裁判長)で和解が成立した。遺族側の代理
人弁護士によると、会社側は過重労働が事故原因と認めて遺族に謝罪し、約
7600万円を支払う。出勤や帰宅中の事故で通勤災害以上の責任を会社側が認
めるのは珍しい。
 和解勧告によると、渡辺さんは大学卒業後の2013年10月、アルバイトとし
て働き始め、14年3月から正社員となった。徹夜勤務明けの4月24日午前、仕
事先の横浜市都筑区からミニバイクで帰宅中、川崎市麻生区の県道で電柱に
衝突し、死亡した。事故当日の労働時間は、その前日の午前11時ごろから約
22時間。事故前1カ月間の時間外労働時間は90時間以上、6カ月間の平均は
63時間に及んだ。橋本裁判長は過労や睡眠不足が事故原因と判断し、同社の
安全配慮義務違反などを指摘した。


■ 労災隠し容疑で書類送検アルミ最大手UACJ
──────────────────────────────────
 名古屋南労働基準監督署は9日、アルミニウムの加工作業中に起きた労災事
故を報告しなかったとして、労働安全衛生法違反の疑いで、アルミ製品製造
会社のUACJ(東京)と、同社名古屋製造所の男性主任(52)を書類送検した。
 送検容疑は昨年7月、名古屋製造所で働く20代の男性社員がアルミを溶かす
作業中に左手首にやけどを負い、届け出が必要な4日以上の休業を要するけが
をしたのに、労基署へ速やかに報告しなかった疑い。名古屋南労基署による
と、同社は「男性社員がけがを黙っていてほしいと言ったため、一部の上司
らが隠してしまった」と説明しているという。

【名古屋社会保険労務士事務所】