ヒトの法律・しくみをわかりやすく つかいやすく


名古屋社会保険労務士事務所トップ >  資料  >  お知らせ・新着情報  > 名古屋社労士事務所ニュース vol.651

資料

お知らせ

名古屋社労士事務所ニュース vol.651

━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人事労務ニュース[社会]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ パート賃上げ率2.64% 7年連続過去最高
──────────────────────────────────
 小売企業などでパートの待遇改善が続いている。小売りや外食などの労働
組合で構成するUAゼンセンの2020年春季労使交渉では、パート1人あたりの平
均賃上げ率が2.64%(時給26.1円相当)と7年連続で過去最高を更新した。4月
から大企業で同一労働同一賃金の適用が始まり、正規と非正規の待遇差の改
善も広がっている。
 20年春季労使交渉の最終集計(7月27日時点)では、パート1人当たりの賃
上げ率が過去最高だった19年実績(2.55%)をさらに上回った。正社員1人当
たりの賃上げ率も2.18%(月6209円)で過去最高だった18年実績(2.12%)を
上回った。パートの賃上げ率が正社員を上回るのは5年連続となる。


■ 今春卒 内定取り消し5倍 コロナ禍で9年ぶり高水準
──────────────────────────────────
 厚生労働省は15日、高校や大学などを今春卒業して就職する予定だったに
もかかわらず内定を取り消された人が、8月末時点の全国集計で174人に上っ
たと発表した。新型コロナウイルス感染拡大による景気悪化が響き、前年の
約5倍に急拡大した。
 東日本大震災が直撃した2011年3月卒(598人)以来9年ぶりの高水準。内定
取り消し全体の約6割を占める104人がコロナ禍の影響だった。半数超の89人
はその後、新たな就職先を確保した。産業別では旅行業など「生活関連サー
ビス・娯楽」と「卸売り・小売り」で約5割を占めるなど、新型コロナの影響
が色濃く表れた。全国10地域で見ると、南関東が84人と半数近くを占め、九
州(39人)、東北(15人)が続いた。


■ 厚労省 賃金統計を訂正 200人に労災年金100円追加
──────────────────────────────────
 厚生労働省は2019年の賃金構造基本統計調査を一部訂正し、労災年金の受
給者約200人に1人あたり100円程度を追加給付すると発表した。賃金構造基本
統計調査は労災年金の給付額の算出に利用されている。同調査で1事業所につ
いて重複して集計していたことが分かり、訂正した。


━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人事労務ニュース[個別]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 48日間連続勤務で適応障害 テレ東子会社 労災と認定
──────────────────────────────────
 長期間の連続勤務により適応障害を発病したとして、テレビ東京ホールデ
ィングスの子会社の番組制作会社「テレビ東京制作」の女性社員(51)が、
三田労働基準監督署から6月に労災認定を受けた。女性の代理人弁護士が17日、
厚生労働省で会見して明らかにした。
 代理人によると、女性は番組制作現場でプロデューサー業務などに従事し
ていたが、労務管理について上司に意見すると、2017年10月に総務部に異動
させられ、異動前から続けていた番組制作を総務部の業務時間外にせざるを
得なくなった。女性は18年3月から不眠やめまいなどの症状が表れ、医療機関
で適応障害と診断された。女性からの労災申請請求を受けた労基署の調査で、
18年2〜3月に48日間連続で勤務したことが明らかになったという。

【名古屋社会保険労務士事務所】