052-332-4646

月~金:午前9時~午後5時

お問い合わせ
メニュー

サービス案内

ストレスチェック[スポット契約]

ストレスチェックとは・・・従業員が質問に答えて、ストレスの程度を把握する検査です。2015年12月1日から、50人以上の事業場は1年に1回、定期的にストレスチェックを実施し、労働基準監督署へ実施報告をしなければなりません。
名古屋社会保険労務士事務所では、一般社団法人ウエルフルジャパンのストレスチェック『Welll診断』を提供しています。Well診断は、法令および厚生労働省が推奨する基準に完全適合したストレスチェックです。その上、結果がみやすく、企業にとってつかいやすいものとなっています。
衛生委員会の審議調査に向けた事前準備や産業医の先生との調整【事前準備】から、ストレスチェックの診断・分析【本番】、高ストレス者が医師面談を希望したときの精神科医紹介システム【事後対応】まで、ストレスチェックをトータルにサポートする体制を整えています。提案・助言をしながら進めていく高品質・高付加価値のアウトソーシングサービスです。

ストレスチェック『Well診断』の特長

社労士による開発だから実務的

社会保険労務士による開発パッケージですので、企業と社員の両者の立場に即した実務性をフィードバックできます。企業の人事目線に即したパフォーマンスは、人事や求人の経費を最大限に抑えられる強力なツールとなります。

一部上場企業でも導入の信頼感

診断結果の見やすさ使いやすさ、また、診断のクオリティの信頼性から、一部上場企業や数千名の大企業でも導入をいただき、高い評価をいただいています。大企業が重視するコンプライアンスの上でも安心して導入いただけます。

ストレスチェック結果のサンプル画像(1枚目)をみる >>
ストレスチェック結果のサンプル画像(2枚目)をみる >>

リーズナブルな価格設定

Well診断は、初期費用がかからず、集団分析もグループ数に応じて単価計算しますから無駄な費用が発生しません。実施者を立てられない企業の場合、ウエルフルジャパンの提携医師が実施者となることが可能です。この場合も余分な費用がかかりません。

Well診断の特長をPDFでみる >>

担当者が計算にかかりきりになる!

担当者が給与計算にかかりきりになり、他の業務が数日間滞ってしまい、困ったことはありませんか。担当者の負担を軽減し、できれば別の業務もこなして欲しいと思われたことはないでしょうか。

“無料トライアル診断”実施中!
1社10名まで

はじめてのお客様には、ストレスチェックの無料トライアル診断<1社10名まで>を実施しています。まずはお試しください。お問い合わせフォーム、または電話:052-332-4646 でお申し込みください。 なお、無料トライアル診断には、医師判定がありませんので、あらかじめご了承ください。
※ストレスチェックサービスは、自社社員に利用される企業様にご提供させていただいています。

料金

内容 料金(税別)
(1) 個人のストレスチェック1名 1,000円
(2) 組織単位の集団分析 1グループ 10,000円
(3) オプション:【事前準備】導入支援サービス100,000円
(4) オプション:【事後対応】面談精神科医紹介システム企業規模による
(5) オプション: 研修・説明会・産業医との調整お打ち合わせによる

*質問票や診断結果を事業所ごとに郵送する場合は、別途送料(実費)がかかります。
*101人以上の場合、料金は割引となります。お問い合わせください。
*アドバイザリー契約など年間契約のクライアント様には、特別料金設定があります。
*「面談精神科医紹介システム」「研修・説明会」についてはお問い合わせください。

サービス利用の流れ

【1】お申込
お問い合わせフォーム、または電話で「ストレスチェック希望」「ストレスチェック トライアル診断希望」と伝えてください。
【2】お打ち合わせ
資料を送付するとともに、訪問、または電話にてお打ち合わせを行います。トライアル診断の場合は『トライアル診断セット』をお送りします。
【3】受検者リスト送信(お客様 → 弊所
事前にお渡しするExcelフォームに受検する社員のデータを入力し、弊所に送信していただきます。
【4】質問票送信(弊所 → お客様)・受検
社員名・部署名などを印刷した「質問票」をお送りします。お客様で社員に配布し検査を実施してください。
【5】質問票(回答票)送信(お客様 → 弊所
回答された質問票(回答票)を回収しお送りください。
【6】診断結果送信(弊所 → お客様)・同意確認書送信(お客様 → 弊所
約1ヵ月後に診断結果をお送りします。社員に渡してください。封筒の中には、『Well診断の結果』と、結果を会社に知らせることに同意するかを確認する『同意確認書』が入っています。同意確認書を回収しお送りください。
【7】医師面談資料提供・診断分析資料のDVD提供(弊所 → お客様
高ストレスと判定され医師面談を希望する方がいるときは医師用の資料をご提供します。また、結果を会社に知らせることに同意した社員の診断結果および集団分析結果などをまとめDVDでご提供いたします。

よくある質問

当社は社員数50人未満ですがストレスチェックは可能ですか。

20名以下の場合、送料(実費)がかかりますが、喜んでお引き受けします。

現在、社会保険事務は、別の社会保険労務士に委託していますが、給与計算だけの委託もできますか。ストレスチェックを受けることを拒否する社員はどうすればいいですか。

可能です。社会保険事務や年末調整事務を別の社会保険労務士や税理士に委託している場合は、給与計算結果のEXCELデータを毎月、直接、顧問の先生にお渡しするサービスもしています。『Well診断』の質問票には、冒頭に、受検を希望しない人が記入する欄が設けてあります。その箇所に署名し、質問には無回答で、封入し会社に出すようにしてください。

ストレスチェックの結果がでるまで、なぜ、1ヵ月もかかるのですか。

最長1ヵ月とお考えください。春から初夏にかけて受検のピークがきます。この時期はどうしても1ヵ月近くかかってしまいます。医師が責任をもって判定しているのも時間を要する理由の一つです。

繁忙期の異なる事業所の実施時期を別にすることはできますか。

可能です。安全衛生法で定めているのも事業所単位ですから、会社単位で同時期に実施する義務はありません。ただ、時期が異なると会社単位での集団分析はできなくなります。

関連会社も含めて集団分析を依頼できますか。

グループ会社を一つの組織単位として、同時期に実施すれば可能です。労働基準監督署への報告義務に「集団分析の有無」の項目があり、これを「有」にするには、事業所単位での集団分析も申し込むようにしてください。

集団分析を依頼した場合、グループごとのストレス度合の比較はわかりやすくなっているのでしょうか。

個々の集団分析の結果は数値化されているため比較は容易です。別途『職場のストレスリスク一覧』をお渡ししていますので、健康リスクの順位は一目でわかり、社内での課題が把握できます。

オプションにある『導入支援サービス』とは何ですか。

ストレスチェックは単に実施して監督署に報告すればいいというものではありません。ストレスチェック制度導入に向けて話し合わなければならないことがたくさんあり、それらを漏れなく決めて記録しルール化(規程化)する支援をしていくのがこのサービスです。(1)会社の方針決定《サポート》→ (2)衛生委員会での調査審議《委員会運営サポートと議事録作成》→ (3)社内周知《周知文・規程策定》 を会社と一緒に2~3ヵ月かけて行います。<タイプ1>は、お客さまから勤怠データをメールでいただき、当事務所から「社員用の明細書」以外は、データをメールでお渡しする内容です。したがって、明細書のPDFデータをお渡しする(お客様が、A4コピー紙にプリントアウト)のであれば契約の範囲内ですが、紙ベースの控を作成し送付するというのは、別途料金(40円/人)が発生してしまいます。実際に、会社控の明細書を作成(社員用と同じ専用用紙に印字したもの)し、お渡ししているお客さまもあり、対応は可能です。料金等、お気軽におたずねください。

ページトップに戻る