ヒトの法律・しくみをわかりやすく つかいやすく


名古屋社会保険労務士事務所トップ >  サービス案内  >  労働・社会保険事務アウトソーシング

サービス案内

労働・社会保険事務アウトソーシング [年間契約]

HE046.jpg 労働・社会保険事務のアウトソーシングとは・・・日常的な入退社や保険給付に関する手続きのほか、年に一度の社会保険の算定基礎届、労働保険料の年度更新手続きを含んだ社会保険・労働保険事務全般をお客様にかわり行う業務委託契約(年契約)です。この契約には、アドバイザリー契約<タイプ1>のサービスも含まれていますので、事務手続きに関することばかりでなく、人事・労務問題全般の相談もできます。
はじめてのお客様には、チャレンジ契約(お試し契約)をご用意していますので、2ヵ月の契約から始められます。

労働・社会保険事務アウトソーシングの主な内容

  • 【健康保険・介護保険・厚生年金保険】 入社・退職に関する手続き、健康保険の給付に関する手続き、健康保険の被扶養者異動に関する手続き、算定基礎届・月額変更届・賞与支払届の作成・届出
  • 【労働保険】 拠点の増減にともなう届出、労働保険料の更新手続き
  • 【雇用保険】 入社・退職に関する手続き、雇用継続給付に関する手続き
  • 【労災保険】 業務上災害・通勤災害の給付に関する手続き
  • 【労働基準法・安全衛生法】 時間外労働協定届ほか労基法にもとづく協定届作成・届出、安衛法にもとづく届出

mark_ar61.pngアウトソーシング契約に含まれない業務(別料金となります)

●あっせん・調停代理 ●オリジナル規程・書式の作成 ●求人手続き ●社内研修・説明会 ●調査立会・トラブル立会 ●助成金・奨励金の申請 ●市外での業務 ●年金等、個人に関連するもの 等

bana_challenge300.gif名古屋社会保険労務士事務所への申込

アウトソーシングのメリット

本業に専念できます

経営者や人事労務担当者が、事務作業から解放され、コア業務に専念・注力することができるようになり、経営の高度化、迅速化が図れます。

適正な手続きが行われます

知識・経験が豊富な専門家が処理することにより、手続き漏れやミスが減ります。法改正や運用改正にもいち早く対応でき、適正な処理が可能です。担当者の変更があったときも事務が滞ることはありません。

高度な情報管理ができます

幹部の給与など一般の社員にはあまり知られたくない情報が、外部委託することにより社員と分離されます。

アウトソーシング料金

社員数(役員・アルバイトを含みます) 料金(消費税別)
4人以下2万円
5人以上 10人以下3万円
11人以上 20人以下4万円
21人以上 30人以下5万円
31人以上 50人以下6万円から
51人以上 100人以下8万円から
101人以上 200人以下12万円から
201人以上 300人以下18万円から
301人以上 400人以下23万円から
401人以上 500人以下28万円から
501人以上 600人以下33万円から
601人以上別途お見積もり

よくある質問    FAQ

q08.gif手続きを社労士事務所経由にすることで、時間がかかるかと思います。特に、入社時の健康保険証の発行、退職時の離職票の発行が心配ですが、どうでしょうか。

qaa01.gif●健康保険証について:最近は年金手帳の原本も必要がなくなり、電子申請にご同意いただいているお客様やあらかじめ事業主印のある用紙を当事務所でお預かりしているお客様には、必要項目の情報をメールまたはFAXでいただければ、タイムラグはほとんど生じていない状況です。

●離職票について:状況によって、例えば、今まで退職日の翌日にハローワークで手続きをされていたお客様よりは、時間がかかることになります。それをできるだけ短縮できるよう、現在、ハローワーク名古屋中・名古屋東への週1回の訪問スケジュールをクライアント様にはWEBで公開し、書類の到達と職安への訪問日との時間ロスがないようにしています。他のハローワークについては直接クラインアント様と打ち合わせの上、予定を組んでいます。また、発行した離職票は、当事務所から退職者の自宅へ、直接郵送し時間のロスを少なくしています。

q08.gif会社の規模は、どれくらいまで可能ですか。

qaa01.gif受託内容・範囲にもよりますが、数千人規模でしたら可能と言えます。現在、委託を受けている中では、約5千人のクライアント様が最大です。

q08.gif入退社などの連絡は、所定のフォームで行うのですか。

qaa01.gif当事務所のフォームを用意することはできますが、社内用と二重作成・管理をする手間がかかってしまいます。多くのクライアント様は、自社内のフォームに書かれたものをお送りいただいています。送信はファクシミリでも、メールでもかまいません。

社会保険事務問い合わせ600